フォト

最近のトラックバック

山崎経理事務所

リンク

無料ブログはココログ

2014年11月13日 (木)

HPのTopに相続税シュミレーションのリンクを貼りつけました!!

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 さてさて、最近もっぱらフェイスブックばかりで、自分自身も
ホームページの存在を忘れておりました!?


 このたび本体のホームページのトップに、相続税の簡単な計算シュミュレーションの
リンクを貼らせていただきました。


 右側の「相続税のシュミュレーションが行えるWebサイト」のバナーをクリックして
頂くと試算サイトに飛ぶようになっております。


 個人情報の入力等もありませんので、ご安心ください!!

思い切り使い倒してやってください。


 明日も朝早くから地方公共団体の監査制度の講習会参加です。

とっとと休ませていただきます!!

 それでは詳しくは、こちら山﨑経理事務所のページより!!


 それでは、少しは前向きに更新したいと思います!?
 

         まぁ、ガンバリや!!
          と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4     
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年5月16日 (水)

明日は青梅法人会に、新設法人の説明会に行ってきます

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


 (まず冒頭から・・・・)

 更新をサボりすぎまして、申し訳ございません。。

 最近、もっぱらFaceBookの方に書込んでおりまして(仕事外ですが。。)
こちらは放置となっておりました。

 さて明日は、青梅法人会さんにて
新設法人説明会の講師なんぞに行って参ります。

 今回もパワーポイントを使った決算法人説明となります。
(大げさなことではないのですが、ほんの少しメンテしました・・・・。)

 

 さて、明日もお話しさせていただきます

「交際費から除かれる1人当たり5,000円以下の飲食費等内訳書」のファイルは
こちらにUPさせていただきます。 「5000.pdf」をダウンロード


 使い倒していただけたら、幸いに存じます。

それでは、明日は精一杯やらしていただきます。


         まぁ、ガンバリや!!
          と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4     
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年2月29日 (水)

2月も終わりました

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


  2月申告の決算も、何とか無事終了しました。
あとは本日開催の農業委員会で、解除申請が無事
通過するか否か?(多分問題ないと思いますが)

 そうすれば明日、買取り申出書が提出でき、6月1日から
売却が可能となるのですが・・・・。

 結果やいかに?


          まあ、ガンバリや!! 
        と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年2月25日 (土)

年金所得400万円以下・その他所得20万円以下の場合の申告不要について

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


 冒頭よりスミマセン!!

またまた更新が、かなり滞っておりました。


 確定申告無料相談の話など、ネタは豊富にあったのですが
相続・決算・確申のトリプルパンチで、身動きが取れませんでした。。


 さて今年の確定申告は、年金所得が400万円以下で、
かつ年金以外の所得が20万円以下の高齢者については、
確定申告が不要になっております。


 したがって先日の確定申告無料相談でも、1日に数人の方が
「去年はおさめたのに、今年はないんだ?こりゃ助かった!!」
と帰っていきました。

 しかしこのため、なんと35億円もの税収減となる様であります。
http://www.taro.org/2012/02/post-1168.php



 単なる票取りのためのトラップでしょうか?

消費税等増税のための、先行ばらまきでしょうか?


 いずれにせよこの帳尻は、どこかであわされることと思います。。


 どうなることやら・・・・・。

          まあ、ガンバリや!! 
        と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年2月10日 (金)

確定申告無料相談に行ってきました

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


 本日(というより日付が変わって昨日・・・・)
東京都下 福生市役所に確定申告無料相談の相談員として
税務支援に行ってきました。


 ちなみに、この税務支援ですが・・・・・・・
都内の麹町や日本橋等の大きな支部ですと、
援助従事者率は5%ほどなのですが、
わが青梅支部程度の規模ですと、若手は1~3回程度と
なるのであります。


 ちなみに私は、本年度2回ほどお手伝いさせていただきます。

 まあ本年度は伊豆七島もありませんので、
昨年ほどタイトにはならないかと・・・・。


 で、無料相談ですと普段は見ることのない、
金額は僅少ながらレアなケースと遭遇することができます。

 しかしながら、税理士事務所に頼まないくらいの規模ですと
一般社会的には、普通の話かもしれませんが・・・・。


 作成のお手伝いで、感謝されると非常に気分的に↑で
気持ちの良いものであります。


 また、この無料相談につきものなのが、
会社経営者への文句・不満、ご主人への不満、
はたまた顧問税理士への不満等々・・・・。

 あれ?会社の顧問税理士がいて、
なんで社長夫人が確定申告無料相談に来ているのか?


 まあ、その辺は置いておいて・・・・・


 来週にも、1日日程が入っておりますが
ボランティア関係が比較的好きな私としては
「よし!頑張ろう!!」となる次第であります。

 しかし今月提出の法人決算、そろそろ最終の資料をいただかないと・・・・。。

 まあ、頑張ります。。

          まあ、ガンバリや!! 
        と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年2月 8日 (水)

譲渡所得の譲渡費用

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 ただいま土地の譲渡を計画しているお客様が来所しました。
そこで譲渡費用関係について質問がありましたので、簡単に
UPしたいと思います。

 まず、不動産を譲渡した場合には、他の所得と分離して
所得税と住民税が課税されます。

 譲渡所得は、譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)

で計算されますが、譲渡所得がマイナスの場合には
課税されることはありません。

 1.譲渡収入金額とは、通常、土地・建物の譲渡代金、
  固定資産税・都市計画税の精算金の合計額を言います。


 2.取得費とは、次の①、②の内大きい金額を使います 。
  ①実額法:土地建物の購入代金と取得に要した費用を
   合計した金額から、建物の減価償却費を差し引いた金額
  ②概算法:譲渡収入金額×5%

 3.譲渡費用とは、譲渡費用とは譲渡のために 
  直接要した費用をいいます。

  ①土地や建物を売るために支払った仲介手数料など
  ②登記若しくは登録に要する費用
  ③印紙税で売主が負担したもの
  ④貸家を売るため、借家人に家屋を明け渡してもらうときに
   支払う立退料
  ⑤土地などを売るためにその上の建物を取り壊したときの
   取壊し費用、建物の損失額
  ⑥測量に要した費用
  ⑦売る契約をした後に、他へ高い価額で売却するために
   (更に有利な条件で売るため)最初の契約者に支払った違約金
  ⑧借地権を売るときに地主の承諾をもらうために支払った
   名義書換料など
  ⑨その他その資産の譲渡価額を増加させるため
   その資産の維持や管理のためにかかった費用


 ここで求められた譲渡所得の金額から、
居住用の3,000万円特別控除の特例等を控除して
これに税率をかけて税額を求めます。

 
 
 しかし、譲渡の相談等を受けると、
何となく景気も動いているように感じますが、
一般的にはキビシイ様で・・・・。


          まあ、ガンバリや!! 
        と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年1月25日 (水)

生産緑地の解除申請

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 昨夜は、相続の絡みで、青梅市役所に生産緑地の解除申請に行って参りました。

 この生産緑地というのは、
「市街化区域内にある農地の緑地機能に着目して、公害や災害の防止、豊かで安全な生活環境の確保に役立つ農地等を計画的に保全し、良好な都市環境の形成を図るための都市計画制度」です。

 また「生産緑地地区は、一定の要件を満たす良好な農地等で、指定を希望する所有者の申出と関係権利者の同意を得た上、市が都市計画の手続きを経て指定することにより、都市計画上「保全する農地」として明確に位置付けられることになります。」とされています。


 要するに、市街化区域内の500平米以上の農地(や公園など)で
行政から生産緑地の指定を受けたものです。

 生産緑地の指定を受けますと、固定資産税が宅地の数百分の一に優遇され、相続税が猶予されます。


 しかし生産緑地地区に指定されると、その生産緑地について建築物の新築、宅地造成などを行う場合には、市町村長の許可を受けなければならないこととされています。

 
 また相続税の猶予の制度が使えますが、親から相続した農地で営んでいた農業をやめたときに、支払いが猶予されていた相続税を遡って払わなければいけないという問題があります

 したがって、死ぬまで営農しないといけないというものであります。


 幸いなことに、今回は猶予されていた相続税はありませんので、
解除してもこの納税は発生しないため、ラッキーと言えるケースであります・・・・。

 また、この「生産緑地の解除」するには、

①生産緑地指定後30年経過
②病気などの理由で農業に従事できない場合→医師の診断書が必要
③本人が死亡し、相続人が農業に従事しない

 の、いずれかに該当する必要があります。

この場合には

1.農業委員会に買取申し出を行う(受理された時に相続税の猶予が取り消され、申し出は撤回できない。)

2.買取希望照会(買取の告知)

3.農業従事者に買取斡旋(通常、実際には買取る人がいないのが常)

4.生産緑地が解除される


 という手順で、生産緑地が解除されます。

 また複数の生産緑地を持っている場合、一部だけの解除はできませんが、
特例として全体の20%以内なら解除できます。(500平米以下にはできない)

 しかし・・・・青梅市の場合、都市計画課・農業委員会に相談に行ったところ、相続の場合20%以内という縛りは関係ないとの回答を受けました。

 まあ今回のケースでは、すべて解除するため関係ないのですが。

 また解除になったら、二度と生産緑地には戻せませんのでご注意を‼!

 
 ちなみに・・・・

 生産緑地の買取り申し出をするためには、事前に農業委員会の発行する
「生産緑地にかかる主たる従事者についての証明書」が必要ですので
証明の申請手続きをしなくてはなりません。


 この手続きに必要な、農業委員会に提出する書類は・・・・

ア.生産緑地にかかる農業の主たる従事者についての証明願 2部
イ.印鑑証明書  各1部
ウ.公図(法務局発行のもの)、案内図
エ.土地登記事項証明書
オ.生産緑地にかかる農業の主たる従事者調査書
カ.委任状
キ.遺産分割協議書

 が必要です。

 
 これらの書類のチェックを受け、無事受理となりました。

 また2月13日の週に、委員会の方が現地調査に行くとのこと。
(立会は不要との事でした)


 これらで問題が無ければ、1月後に都市計画課にまわり、
そこから3ヶ月後に生産緑地が無事解除されます。


 また、現地調査に行った際、草ボーボーで荒れ地になっていたり、
農地として問題があったりした場合には、別の面で問題になる
との事でした。

  
 まあ、この点は所謂普通の茶畑になっておりましたので
問題は無いかと・・・・。


 そんなこんなで、無事に進行するのを祈るのみです。


 さてさて、これから、これら農地の評価を下げる作業にも
取掛りたいと思います。

 
          まあガンバリや!!
          と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4     
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2012年1月19日 (木)

どうなる?相続税等資産税の見直し

 東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


 さてさて、昨年すったもんだの挙句、流れてしまいました
相続税などの資産税の改正ですが、いよいよ現実味を帯びてまいりました。

 これは消費税率を平成27年10月までに2段階で10%に引き上げることに伴い、
高所得層にさらなる負担増を求める観点から、資産課税の抜本的見直しを行うものです。

具体的にあげてみますと・・・・
相続税は、基礎控除につきましては、
●定額控除を現行の5000万円から3000万円に引き下げ、
●法定相続人1人あたりの比例控除額を同1000万円から600万円に引き下げます。


死亡保険金の相続税の非課税枠についても、
現行では法定相続人1人あたり500万円ですが、
非課税枠を利用できる対象を、法定相続人のうち、未成年者、障害者、相続開始直前に被相続人と生計を一にしていた者に限定し、同居していない法定相続人は除外するというものです。
 

相続税の税率構造については、
●最高税率を、現行の「3億円超で50%」から「6億円超で55%」に引き上げ、
●税率区分を現行の6段階から8段階にする。2億円~6億円の部分の税率を細かく分けて、それぞれ現行より高い税率を適用する。

これらの改正は、平成27年1月1日以後の相続・遺贈により取得する財産に係る相続税について適用されます。


そもそも相続財産は、生前働いて税金を納めた残りを積み上げたものです。
それを土産においていけ‼ というものですから、あまり弄ってほしくないところでありますが・・・・。。


  贈与税につきましては、
若年世代への早期資産移転をより一層促進するため、
20歳以上の子や孫への贈与を対象に税率構造が緩和されます。

最高税率は、現行1000万円超→50%から
4500万円超で55%に引き上げられますが、

税率区分を現行の6段階から8段階にし、
3000万円以下の贈与は税率を軽減されるようです。

 それ以外の贈与を対象とした税率構造も、
最高税率は、現行の1000万円超で50%から
3000万円超で55%に引き上げられますが、

税率区分を現行の6段階から8段階にし、
1,000万円を超える贈与を細分化し、
1,000万円超~3,000万円以下の贈与を軽減し、
高齢者から若年世代への早期資産移転を促進しようとするものです。

 さらに、親子間の生前贈与を促す相続時精算課税制度についても、
1)受贈者の範囲に、20歳以上の孫(現行:推定相続人のみ)を加え、
2)贈与者の年齢要件を60歳以上(同:65歳以上)に引き下げるなど、

適用要件が緩和されます。

なお、これらの贈与税や相続時精算課税制度の見直しにつきましては、
平成27年1月1日以後の贈与により取得する財産に係る贈与税について適用することとされております。


 さてさて、これら改正は無事通過するのでしょうか?

 また、その時の与党はどこ党なのでしょうか?


 どうなるか分からない改正案ですが、
とりあえず情報としてUPさせていただきました。


今後の動向には、引き続き注意が必要かと思われます。

         まぁ、ガンバリや!!
          と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4     
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2011年7月 1日 (金)

新設法人の講師に行って参ります

東京の最果て(?)
青梅市・奥多摩町・福生市・羽村市・あきる野市等
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、
幅広く法人税・消費税・個人の方の確定申告・贈与税等々
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 また本体の山崎経理事務所はこちらになります!!


さて、ブログランキングの順位は・・・・

   引き続きクリックのほど
 宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  (こればっかりですが!!)
  ↓    ↓
    本  命
人気ブログランキングへ

またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
       ↓
  対  抗
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


 さてさて、本日は午後から、青梅法人会さんにて
新設法人説明会の講師なんぞに行って参ります。

 今回もパワーポイントを使った決算法人説明となります。
(そんなに大げさなことではないのですが・・・・。)

 とりあえず、この1週間で、ひとりコツコツと仕上げたモノなので、
大したものではないのですが。


 さて、本日お話しさせていただきます

「交際費から除かれる1人当たり5,000円以下の飲食費等内訳書」のファイルは
こちらにUPさせていただきます。 「5000.pdf」をダウンロード


 使い倒していただけたら、幸いに存じます。

それでは、行って参ります。


         まぁ、ガンバリや!!
          と、応援にポチッと
        宜しくお願いしますsign03

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  Banner_04_4     
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

2011年6月13日 (月)

特別顕彰 研修受講認定証を頂きました

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 またまたご無沙汰しております。
ひさびさのUPでございます。。


 さて本日、東京税理士会から
「研修受講認定証」と「特別顕彰 研修受講認定証」
なるものが送られてきました。

Dsc_0012


 「特別顕彰 研修受講認定証」って何ぞや?
気になりましたので、要件をググッて見ましたら・・・・


研修受講認定証:36時間をクリアした者に与えられる研修受講認定証

特別顕彰 研修受講認定証:上記を5年間続けると貰える研修受講認定証

                       との事でした。

 まあ、研修を受ける・自己研鑽する、という自分を常に磨いておくことは
当たり前と言えば当たり前のことですし、「研修受講=飯のタネ」です。
したがってこれに認定証や特別顕彰などは不要のように感じますが。

 
 額に入れ事務所の壁に掛ける、なんてことは恥ずかしくて
とてもできませんし・・・・。


Banner_04_4     
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

より以前の記事一覧

最近の写真