フォト

最近のトラックバック

山崎経理事務所

リンク

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月 5日 (火)

e-tax & お燗酒の研修会

こん◎◎は、税理士の山崎定利です。
青梅・奥多摩・福生・羽村を中心とした東京の最果て(?)
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、幅広く
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。

 一昨日、新記事をUPしかけでEnterを叩いてしまい
昨日は一日ログインできず・・・・・・

 わけがわからず1日がすぎ、今朝ようやくログインできました!!

書きかけの、お見苦しいページを一日さらしてしまい
申し訳ございませんでした。m( _ _ )m

さて、ブログランキングの順位は・・・・
 昨夜、「クリック、クリックばっかり!!」
とご指摘いただきました・・・・
        
 それにもめげず、言っちゃいます

 お助けクリック、宜しくお願いいたします。m(_ _)m
   (正にこればっかり!!)
  ↓
Banner_04_4


またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
にほんブログ村 士業ブログへ


 さて、i12/4は所属する東京税理士会 青梅支部におきまして
「電子申告研修会」を開催させていただきました。

 研修部一同、羽村市のコミュニティーセンタというところに、
とりあえず13:00集合、受付の設営・マイクや照明など会場の
セッティングその他もろもろ手分けして行いました。

講師としては、はるばる本会より、K常務理事、Y情報システム委員に
お越しいただき、電子申告の方法等について、非常に解りやすい
研修会を行っていただきました。

 その際、マイクの調子がいまひとつ・・・・・・・

しかし取合えず無事完了。

と思ったのですが、講演開始後90分後、

突然マイクがハウリング開始!?

 「なんで途中で?」と思いつつVol.を絞ると、取合えずとまりました。
(一体何がおこったのでしょうか?)

そんなこんなで、研修会一部は無事終了。


 今回は、第二部として、西多摩酒造組合様とジョイントという形式で
「お燗酒のススメ」という研修会も行いました。

 まず西多摩酒造組合のO会長より、日本酒とお燗についての
ご講演を頂きました。
料理+お燗酒+お酌の女性は文化、
つまみ+冷酒+手酌は文化でない等々

そして会場を近くのお寿司屋さんに移し、
料理を味わいながら、お燗酒の実習(?)が行われました。


 地元酒蔵「澤の井」「多摩自慢」「嘉川」「千代鶴」の
常温・40℃・50℃の温度が違うお酒を頂き、
温度による味の変化を体感することができました。

(なかでも澤の井さんの純米大吟醸(!!)のお燗酒は、
圧巻でありました!!)


 酒造組氏の皆様には、大変世話になりました。
ありがとうございました。
 

Banner_04_4

にほんブログ村 士業ブログへ

2006年12月 4日 (月)

公益法人改革の税務会計セミナに参加してきました

こん◎◎は、税理士の山崎定利です。
青梅・奥多摩・福生・羽村を中心とした東京の最果て(?)
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、幅広く
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。


さて、ブログランキングの順位は・・・・
        ・ 
        ・
        ・
        ・
        ・

 お助けクリック、宜しくお願いいたします。m(_ _)m
   (こればっかり!!)
  ↓
Banner_04_4


またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
にほんブログ村 士業ブログへ


  さて12月2日、新宿NSビルで開催されました
「公益法人改革で、これからの会計、税制はどう変わるか」
というセミナにさんかしてきました。
 講師は、公益法人等に関する税務・会計のエキスパート
公認会計士・税理士の田中義幸先生でした。
 今回もパワーポイントを駆使した、非常にわかりやすい
講演会でありました。

 さて今回の公益法人改革は、明治29年以来100年ぶりの
とのことでした。

 この背景としましては、わが国の財政の悪化、人口減少、
超高齢化社会、右肩上がり経済の終焉、家族制度の崩壊等が
あるようであります。

この対策として、
① 財政の悪化に対しては補助金・委託事業の縮減・廃止
② 小さな政府に向けた非営利分野の切り離し
が必要となり、「民間が担う公共」という考え方が必要となってきます。

では、これをどこが担うのか? といいますと①一般社団・財団法人
③ 公益社団・財団法人③NPO法人④特別法上の公益法人(学校・宗教
社会福祉法人)を予定しているのであります。
 このため今回の大改正が行われたとのことです。
そしてこれにより、これまでお国にお伺い立てなければ(?)
設立できなかった社団・財団法人が、登記だけで簡単に設立できる
ようになりました。
(このため「いや、うちは社団をもった団体ですから!!」という言葉に
説得力はなくなるでしょう!?おそらく・・・・)

 さて、この公益社団・財団か?一般社団財団か?という点ですが
この「公益認定」なかなか厄介なのは、公益事業に関して赤字か
プラマイゼロでなければならない点でありましょう。そして、
かなり本気でやらなければ公益法人になれない・いられない制度に
なっております。
 このため公益認定を受けるメリットはあまりないのかと思われます。
(もっとも青年会議所などのまちづくり団体では、公益認定を取れるように努力・研究が必要でしょうが・・・・。)
 しかし、いかがわしい組織でも登記だけで社団・財団が作れますので
本気でやる組織のみ、公益社団・財団となって行くのでしょう。


 またひとたび認定を受けたとしても
① 公益目的事業費比率は50/100以上
② 遊休財産(繰越金を含む)が一定額を超えないこと。
(未確定ですがおおむね1年間の事業費程度といわれております。)
③ 寄付金等の一定の財産を公益目的時牛に使用・処分
④ 理事等の報酬等の支給基準を公表
⑤ 財産目録等を備え置き誰にでも閲覧させる・行政庁へ提出する

が守られないと、いつでも取り消しとなります。

また、実務上これまでの繰越金・積立金をどうするか?
問題は山積していると思います。

 いずれにせよ平成20年から5年以内で
①公益認定を受けるか ②一般でいくか
③NPO法人になるか ④解散するか
決めなければありません。

このため平成19年が正念場(!?)といったことに
なるのでしょうか?

このブログがお役に立ちましたら、是非ワンクリックを!!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Banner_04_4

にほんブログ村 士業ブログへ

2006年12月 1日 (金)

12月に入ってしまいました

こん◎◎は、税理士の山崎定利です。
青梅・奥多摩・福生・羽村を中心とした東京の最果て(?)
西多摩エリアを中心として、全国津々浦々、幅広く
各種税金に関するお手伝いをさせていただいております。


さて、ブログランキングの順位は・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 お助けクリック、宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  ↓
Banner_04_4


またこちらの日本ブログ村の順位も・・・・・・・
にほんブログ村 士業ブログへ

 
 いやーーーしかし11月は忙しかったです。

しかし、まあ法人の調査は、上手いところで終了したし
決算4件も、無事終了したし。

 個人の調査一件、いまだ出口が見えませんが・・・・。


 そんなところで本日は日本青年館において行われました
電子申告推進全支部統一キャンペーン 
 本部本部長・技術指導担当者合同会議 なるものに
支部長のO先生とともに参加してまいりました。

 会議では「電子申告推進10の提言」なるものが示され
キャンペーンの目的、そして研修指導マニュアルに関する
説明がありました。

 しかし、ハッキリ言ってやはりまだまだ
ソフト的にも、運用的にも問題が山のように・・・・

 たとえば「事務局の職員の源泉は電子申告で行い、納付は銀行のATMでやってます!!」という奇特な方!?

・・・・・それならはじめから、納付書作成して銀行で納付したほうが早いのでは????

「電子申告をやる」という事自体が目的となってしまっていて、本来の「便利になる」ということが、どこかに行ってしまっていませんかね?

 
  電子申告=便利になるもの 

早くこの形になってほしいものです。。

(しかし、かく言う私も、関係・立場上、少しは利用しておりますが。。)

Banner_04_4

にほんブログ村 士業ブログへ

 

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近の写真