フォト

最近のトラックバック

山崎経理事務所

リンク

無料ブログはココログ

« 4/27 データエージェントの取材?がありました。。 | トップページ | 弟のカミさんのお見舞いに・・・・ »

2006年4月29日 (土)

税法学会に行ってきました。。

 こん◎◎は、山崎定利です。

もうすぐ日付が変わってしまいますが、
現在の順位は何位でしょうか?ーー→人気blogランキングへ

 いやいや、この時間の更新って、アクセスやらランキング的にどうなのか?
とも思いますが、お江戸に行きますと、この山岳地域である青梅市に帰ってくるまで、かなり時間がかかりますのでなにとぞご勘弁のほどを!!


さて、本日は千駄ヶ谷の税理士会館で開催されました
日本勢法学会 法律部門の研修会に参加してまいりました。

 実は本年度、私も日本税法学会の法律部門に出向しておるのです。


しかし・・・・

税理士会青梅支部で副支部長などおおせつかっておるため、
支部日程とバッティングし、なかなか参加できず、不義理な
不良会員化(?)していたのであります。


 それでここへ来て、「ん~~これではイカン!!」と、
前半の分の巻き返しをすべく積極的に参加(?)している訳であります。

さて 本日の論題は、

「会社法における中小企業の問題点---定款変更についての留意点---」

 という題目で、芝支部の徳丸親一先生が発表されたのでした。

 発表内容は?と申しますと、株式会社・有限会社について
旧法と会社法とで具体的な対比なども例示していただき、非常にわかりやすいご講演でありました。


これまで定款等の問題について、いまひとつモヤモヤしていた部分がスッキリと晴れた気がします。


いやーー受講してよかった!徳丸先生、ありがとうございました!!

 さてさて、この会社法による定款では

絶対的記載事項として
 ①目的 ②商号 ③本店の所在地 ④設立に際して出資される財産の価額またはその最低額 ⑤発起人の氏名又は名称及び住所 となっております。


また相対的記載事項(定款に記載がなくても定款が無効ということにはならないが、記載がないと野の事項につきこうt力が認められない事項)としましては

①変体設立事項 ②株主名簿管理人 ③相続人等に対する売渡請求権 ④取締役会・会計参与・監査役・監査役会・会計監査人及び委員会の設置 等々であります。


 そしてのCheck Point としましては


① 法人事業の目的について、その具体性については、登記所の審査の対象にはならないが、ほかの法令の規制を受ける可能性があるので注意が必要。


② 公告方法については、記載がないときは官報公告で、電子公告・日刊新聞に掲載する方法の場合には定款に記載しなければならない。また「官報または日刊新聞」という記載ではダメであること。


③ 共同代表制をとっている会社では注意が必要なこと


                           等々があります。


 5月の施行もカウントダウンの段階であります。


みなさま、再度定款のチェックを!!
 
 人気blogランキングへ

« 4/27 データエージェントの取材?がありました。。 | トップページ | 弟のカミさんのお見舞いに・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137809/9807544

この記事へのトラックバック一覧です: 税法学会に行ってきました。。:

« 4/27 データエージェントの取材?がありました。。 | トップページ | 弟のカミさんのお見舞いに・・・・ »

最近の写真