フォト

最近のトラックバック

山崎経理事務所

リンク

無料ブログはココログ

« 青梅マラソンに向けて・・・・。 | トップページ | 会社をつくるメリットがなくなりました・・・・ »

2006年1月 6日 (金)

医療法人設立 続編

久しぶりの連日のUPであります。本年は気合の入り方が違う!!、と感じていただけら・・・・などと(少々)思う今日この頃であります。


人気blogランキングへクリックお願いします。


さて、昨夜21時すぎ、東京都の医療法人設立申請、担当者Y氏からfaxが入っておりました。(都の公務員の方がこんなに遅くまで働いていらっしゃるとは、頭の下がる思いです。)

用件は??と言うと、一箇所「3分の2」が「3分2」になっていたとのご指摘!!
なんでも、各担当者のokが出た後、多くの担当者ごとにお互いの資料を回し添削・指摘しあうとのこと・・・・。

(え’’っ、今更それは無いよ~~先日okしたぢゃない・・・・)

しまった・・・・・・・・


しかし、職権で訂正してもらえるとのこと!!  
 ラッキーーーーー!!

で、ことなきを得たのでした!!

これで、もうOKでしょう!!(たぶん・・・・)


これで枕を高くして(?)日々の実務にいそしめます!?

さて、まもなく確定申告の季節がやって来るのであります。

個人事業者の方々、住宅を建てた方・購入した方、多額の医療費を支払った方、副収入のある方は領収書を整理するなど、そろそろ確定申告の準備をスタートしなければならないかと思います。

また確定申告というと、収めるばかりではなく医療費控除・譲渡損失・配当控除などにより「還付」と言う場合も多くあるかと思います。

医療費控除については、住民税においても所得税同様に控除が認められているため、所得税で医療費控除を行えば、所得税のみならず、住民税も減少します。

しかし、配当所得や原稿料などついては、所得税こそ還付になるものの、逆に住民税は増える場合が多いため、このことを頭に入れていくことが必要です。

これは、配当などは既に所得税が源泉徴収されている上、配当については配当控除、原稿料については経費が認められるからであります。しかしながら、住民税については、源泉徴収という支払いを受けた時点でに納税を行う仕組みないために、源泉徴収前の所得がそのまま住民税の課税所得となるからであります。

現在、私の事務所内は年末調整・償却資産・各市町村への報告やら、合計表やら定型的業務でワサワサしている状況でありますが、次の波を踏まえて考えておく必要性を感じる今日この頃であります。

« 青梅マラソンに向けて・・・・。 | トップページ | 会社をつくるメリットがなくなりました・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137809/8035597

この記事へのトラックバック一覧です: 医療法人設立 続編:

« 青梅マラソンに向けて・・・・。 | トップページ | 会社をつくるメリットがなくなりました・・・・ »

最近の写真