フォト

最近のトラックバック

山崎経理事務所

リンク

無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

月末・月末・月末・・・・

 1月も今日で終わり、仕事も取りあえず無事に終わり、ほっと胸をなでおろしております。

人気blogランキングへクリックお願いします!!

 しかし、一息つくのもつかの間、
もう既に確定申告の資料が集まってきております。


また、間の季節が来る。 気合を入れていかなければ・・・・。


 先ほども確定申告のみのお客様の所にうかがって、資料をもらいがてら、いろいろとお話をうかがってきました。


本日は、私より36回りも歳上の人生の大先輩の方々ともお話をさせていただき、なかなか普段は目に見えない、実態経済のお話(?)をさせていただいたのでした。

「確定申告の時期は、一年に一度のお祭りなんだから、みんなで大騒ぎしてヤンヤ、ヤンヤとやってけばいいんだよ」
 むかし、亡くなった当事務所の初代(祖父)に、よく言われたものでした。


 さあ、これからが本番です。

2/19には青梅マラソンも走りますし、体調管理をしっかりせねば!!


人気blogランキングへ

2006年1月30日 (月)

年金・給与の確定申告書作成講師 at 青梅スイートプラム

人気blogランキングへ投票お願いします!!

 本日は年金・給与の確定申告書作成セミナー講師#2で、青梅スイートプラムという会場で講師をしてまいりました。

  しかし・・・・・青梅という土地柄なのか、あるいは青梅税務署が近くにあるためなのか、ご来場いただけた方が、先週のあきる野市の時よりも、かなり少なかったのでした。。

 このため一応セミナーの形式はとりましたが、実態は???というと

 
かなり大々的な、個別相談会・・・・・・・といったかたちでした。


 今回、申告書作成のお手伝いをさせていただいて感じたこと・・・・・・

やはり老年者控除の50万円がなくなったため、狙い撃ち的にここでの納税額が増えているなぁ・・・・。
くわえて公的年金の控除額が昨年の140万円から120万円に下げられているため、単純計算で
所得がプラス70万円増。  仮に課税所得330万円以下で10%税率だとして7万円の増加。
定率減税20%を引いても、支払う金額で56,000円の増加。。。。

 そんなこともあって、1月より源泉徴収税額表が改められました。

 しかし、表が変わって来年の申告で戻る額が多いかも知れませんが、それはもともと毎月多く徴収されているもの。年簡の税額は変わりません。

 そんなことをする位なら、消費税を7%に上げてしまったほうが良いような気がするのは、私だけでしょうか?

人気blogランキングへ

2006年1月29日 (日)

法定調書 償却資産税・・・・

  本日は全国的に日曜日。
私の住む東京都の西多摩地区は、非常に良いお天気でした。

しかし、しかし、しかし・・・・・・・・・


私は、税務署への法定調書の合計表、市役所などに出す給与支払報告書、償却資産税の申告書の作成と言う、非常に地味な(?)仕事を、朝から事務所でシコシコとやっておりました。

そんな私を励ます意味でも
人気blogランキングへのクリックお願いします

 これらの書類は一応、提出期限は今月一杯なのです。 

が、しかし・・・・・・明日は、また年金受給者のかたを対象にした確定申告説明会の講師を頼まれていたのでした。


 先日、すでに講師をやらせて頂いたものと同じパターンですので少々安心はしているのですが、やはりこれはプロとして、納税者の方々との真剣勝負!  気合を入れて行かなくては!!

 明日は、説明の間にどんな冗談を入れて、参加いただいた方に一瞬和んでいただこうか?(非常に会場が寒くなってしまったりして・・・・)などと考えながらコツコツと仕事をしておりました。

 それにしても今年の老年者控除が無くなった事、やはり大きいですねぇ~~
「どうせ年末調整で、今月分は税金でないから!!」っと、昨日夕方に給与台帳を持っていらした(!!)ある程度の規模のある会社の社長さん。コンピュータへの入力お済ませ、集計してみると、ん!!、しっかり収める税額が出ています!!

 あわててすぐ電話しましたが、なかなか連絡がつきませんでした。おまけに昨日は土曜、本日は日曜日・・・・。
ちなみにこの会社、比較的高齢者の方を多く使っており、皆さんそれなりの額のお給料はとられていました。

 明日お見えになるとのことですので、早速ここで改定された新しいい源泉徴収税額表を渡さなくては!!
などと思っておる次第です。。

人気blogランキングへ

2006年1月28日 (土)

合計表作成DAY

 人気blogランキングへ参加しております。クリックお願いいたします!!

 本日は、今月これまで、確定申告や新設法人・決算法人、はたまた消費税の講師等で滞っておりました、法定調書・合計表・償却資産税など、山積みになっておりました業務の処理を黙々とやっておりました。

 よく仲間の税理士先生からは、「え''っ?そんなの自分でやってるの??職員さんにやってもらえば良いじゃん」などといわれますが、完全担当制を引いております我が事務所では、いくら所長と言えども、それはけじめですので、しめしもつきませんし、そうもいきません!!・・・・と心に硬く誓いもくもくとやってまいりました。

 また、本日は釣り仲間のT氏に、もしかしたらお客様になっていただける方が来所し、少々お話を伺いました。
なんでもこれまでお願いしていた先生が、おとしで廃業されたとのこと・・・・。
お手伝いさせていただけるか否か、わかりませんが正直に、ありのままに事務所の体制、関与の姿勢、どのうなお手伝い・サービスが提供できるか?等々、ざっくばらんにお話させていただきました。

 やはり料金について、一番気になっていらっしゃておられたようですが、
「当事務所としましては、現在とりあえず法人300社、個人250人くらいのお手伝いをさせておりますので、お客様に無理のないところでお手伝いさせていただいておりますので!!」とお話させていただきました。
 

 しかし前任の税理士さんが廃業で、どうしたら良いのかわからないと言うことでしたので、たとえうちの事務所に決まらなくても、早く決まって安心していただきたいなぁ~~、などと思った次第であります。
 
 あと、法人何社かと、個人事業者の方少々の市町村へのと、償却資産税の申告書のUPで終了。。
と、残り少々でPM7:00となり、とりあえず引き上げました。
 あすは終わらせるぞ!!
人気blogランキングへクリックお願いいたします!!

2006年1月27日 (金)

あきる野公民館で、年金・給与に関する確定申告の講師をやってきました

人気blogランキングへ

  ただいまあきる野公民館での、年金・給与所得者を対象とした確定申告説明会の講師から帰ってまいりました。

 本日は、午前10時からと、午後1時30分開始の2時間2ステージをこなしてまいりました。

 今回は講師と言いながらも、説明をしながら会場もまわり、「ちょっと?」と何か聞かれれば「ハイ!!」と答え解り易いように説明する、で他から呼ばれて移動しようとすると、歩行中に質問が来る・・・・の繰返しで、なかなかハードなものでした。
 
  しかし、まあこれもある意味、我々税理士の社会貢献、社会的責任の履行なのだと思い頑張ったのでした。


 さて、申告についてなのですが、本年度は昨日も書きましたとおり、①老年者控除の50万円が無くなった、②公的年金控除が減額されたました。

 このために、多くの方が「医療控除があるのに税金がたいして戻らないなぁ」ですとか「なんだ、戻るのかと思ったら払うのかよ!!」・・・・・「あなたに文句を言っても仕方ないんだけどね~」、といった感じでした。

  「いや~申し訳ございません・・・・本当にスミマセンねぇ~~」
よく考えると(いや考えなくても)、責任はないのですが申し訳なく思い、謝ってしまう私。。

  「いやいや、先生のせいではないですから・・・・」
そんな感じで、2回の説明会を無事に終了できたのでした。

 

 一番印象に残りましたのは、2回目のとき一番前の真ん中に座っていたお爺ちゃん。
質問があると、申告書を持って舞台に上げって来る勢いで歩み寄ってこられました。
「あっ、今参りますから!!」、あわててステージから飛び降り駆け寄る私。。
こんなことが2,3回ありました。

 聞くところによると、お歳はもう80歳代で、昨年、脳梗塞で入院され、手が今ひとつ動きが悪いとのこと。またお目が少々具合が悪いとのこと。
 
 
 そんなに体調が悪いのに説明会に自らいらしていただけるとは!このような方がいらっしゃることが、ある意味感激でした!!これは意地でも作成を完了し、提出してもらわなければ!!


 終了・提出が終わると帰れるこの会場は、もうこの方とあと一人くらいしか残っておりませんでした。
「頑張りましょう!もう一息ですよ!!」と励ますわたし。

 そして、どうにか無事に作成提出ができました!!
 
 「やりましたね!!」
 
 「うん、ありがとう!!」

 こんなに貰ってうれしい「ありがとう」という言葉は、正直ひさしぶりでした。
そして、説明会についてのアンケートにも「感謝、感謝、ありがとうございました」と書いていただけました。

 忙しかったですが、非常にすがすがしい、いい一日でした。

こちらこそ、どうもありがとうございました!!


 人気blogランキングへクリックお願いします!!


2006年1月26日 (木)

確定申告説明会

人気blogランキングへ投票お願いいます!!

 本日は、青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・奥多摩町・日の出町・桧原村などをエリアとする東京税理士会青梅支部会員及び会員事務所職員を対象としました確定申告説明会が瑞穂のスカイホールというところで開催されました。

 本年度は、

①老年者控除の50万円が無くなった、
②公的年金控除が減額された、
③国民年金等について社会保険料控除を受ける場合に証明書等の添付が必要になった、
④寄付金控除の駆除対象限度額が、総所得金額の20%から30%に引き上げられた、

くらいの改正しかなく、あまり参加者が多くないかと思われましたが、なんとか120名位の方々にご参加いただけました。

 研修担当副支部長の私としては、ほっと胸をなでおろした次第です。

明日は、あきる野市の公民館に年金受給者の方の確定申告説明会に講師に行ってきます。
お近くの方は、ナマ山崎定利を見にきてください・・・・

人気blogランキングへ

2006年1月22日 (日)

見えない増税・・・・源泉徴収税額が・・・・

  スミマセン、久々の更新であります。
せっかくブログなんだから、毎日更新しなければ意味がない!!
人気blogランキングへお願いします!!


 その通りであります。申し訳ない・・・・。
ブログランキングもすっかり落ちありゃありゃと言った感じであります・・・・。

 
  さて、最近の実務で気になるところでありますが、1月より、毎月の給与所得から源泉徴税される税額が変わっております。 

  つまり毎月源給与などからひかれる、泉徴収される税金が、かなり増やされている!!・・・・と言うことであります。

サラリーマンの皆様など、源泉徴収と年末調整で納税が終了する方々について、①毎月源泉調整される税額が増える→ ②多少増税(配偶者特別控除・老年者控除などがなくなり結構増税となっても)それでも気がつかない→ ③結果、たくさん徴収されていても例年くらいの年末調整での還付額!! 
 
「消費税、増税反対!!」など、うるさい事言われずに、とりあえずあまり気づかれずにたくさん税金が
集められる!!・・・・・・・??????????


  はっきり言って増税ですが、一見してわからないようになっている!しかも年末調整では、例年並みに戻ってくる!!(=例年なみでは毎月、たくさん徴収されているので増税!!)
・・・・と言うことを把握されているいる方々がどれほどいらっしゃることか????

 こんな姑息な手を使うなら、消費税upの方が男らしいと思いますが。。。

消費税の税率upは、これら想定の範囲内の全ての手を打った後、泣く泣くの顔だけをしながら「やむおえなく・・・・」と言ってやるのでしょうか???
 
  すべて想定内、あざむきすぎの様な気がするのですが。。。。

人気blogランキングへお願いします!!

2006年1月16日 (月)

税法学会と会社法研修と

人気blogランキングへクリックお願いします!!

 本日は税理士会館で、日本税法学会の会合+研修会がありました。
最近、私の所属する東京税理士会青梅支部の会合・行事とバッティングしたいた私は久々の(!!)出席となったのでした。
 本日は後半戦の発表者を決定したのですが、会社法と税務の関係でとりあえず4セットとなたったのでした。そして私は、うまい具合に逃げていたつもりだったのですが・・・・・・そうは問屋がおろしてくれず、めでたく12月の発表となってしまったのでした。

 その後、大ホールで「新会社法の問題点」と題する講演会があったのでした。

そもそもこのたびの会社法における資本金の位置づけ、いったい何なのでしょうか??
少々乱暴な言い方をすれば、これまでは会社をたたんだとき、いくら戻ってくるか?というドイツ等欧州的な考え方が基本でありましたが、これが見事にアメリカナイズされてしまい、「もはや資本金の制度はやめたら??」と言う状況になってしまいました。

 まず、
①資本充実の原則がなくなりました。  これまでは八個する株式の数X1株あたりの発行価額=資本金・資本準備金の額(拠出すべき財産の額)でありましたが、これからは現実に拠出された額を先に決め、ここから資本金・準備金の額を決め、その後で発行する株式の数を決める・・・という流れになってしまいました。
②資本維持の原則が、払い戻し規制の一環となってしまいました
③資本普遍の原則は実質的に変化なしですが、資本確定の原則は完全に放棄しました。

この資本充実の原則がなくなったことが及ぼす影響・問題点としては
①見せ金・会社同士の預合い
②債務超過会社の合併
   などが考えられるのであります。


とにもかくにも、これまで会社は資本に見合うだけの財産を確保していましたが、今後は資本が充実してない会社が雨後のタケノコのように次々と現れるのでは?という危機感があります。


様は、.資本金と株式との関係はまったく断ち切られた、よいうことであります。

ですから、資本金0円の会社もできるわけであります。
方法としては
①資本金1円の会社を設立する。
②登記その他の費用が引けるためにその分を控除する。
(引ききれない分は引けないので結果資本金は0円になる。)

ちなみにヨーロッパの国々においては、このおかしな「アメリカ方式」を使わない国がたくさんあることを報告しておきます。

どこかの国のまねをして、家庭崩壊・家族崩壊・目上の者を尊ばない・自由がすべてだ!!とやって教育の崩壊した国があったような気がしますが、懲りずにまた同じことをしてしまうのでしょうか???

人気blogランキングへ

2006年1月14日 (土)

青梅マラソンの練習会を行いました

人気blogランキングへクリックお願いします!m(_ _)m

 本日は青梅法人会青年部のメンバと青梅マラソンに向けて試走会をやってきました。
そもそも事の発端は、(社)青梅法人会青年部の事業研修委員会中村委員長と「せっかく青梅に住んでいるのだし、またこれからの若手経営者は、タフな時代を生き抜くために、知力とともに体力も要請しなくては!!」などと話していていたことが、そのままカタチになったものでした。
 青梅総合体育館前AM9:30集合に集まったのは、野崎監事、小澤副会長、中村副会長、中村委員長、そして二日酔い気味の私、計5人でした。

 軽いストレッチの後、40歳代のスタート地点(うちの事務所の前!!)に移動し、本番と同じAM10:00にスタートしました。
 
 前半折り返し地点あたりまでは、ほぼ団子状態で楽しく(?)会話などしていたのですが、折り返してしばらくすると、日頃走りこんでいる野崎監事・中村委員長がペースを落とさず軽快にスパート、続いて小澤副会長も軽やかに。。 私はというと、爆弾もちの右膝の痛みと、まるっきり練習していなかったのがたたり、ずるずる置いていかれ・・・・。

 なんとか足を引きずりながら、200mほど差をつけられ、1時間10分程で何とかゴール。。
とりあえず時間内に10Km走れたのでほっとしたものの、本番に向けて「少々体力不足」課題の残る結果でありました。(ここのところスポーツといえば、「飲酒」位しかしていなかったものなぁ・・・・・などと反省反省)

「練習しなくては!!」と素直に思った次第でありました。
後一月、がんばるぞ!!

今後の目標&課題 : 1月前になったら禁酒すること!!
           (こちらを頑張るほうが、練習より難しい・・・・)


2006年1月13日 (金)

だるま市と消費税相談会と・・・・。

人気blogランキングへクリックお願いします!m(_ _)m

 昨日は、午後より青梅の商工会議所で消費税の個別相談会を行ってきました。

が、しかし相談者がほとんどお見えになりませんでした・・・・。

もう間もなく、「基準期間(個人事業のかたの場合、平成16年度の)課税売上高が1,000万円超であると課税業者となってしまう」という、このたびの消費税改正が、適用される個人の確定申告の季節になります。

 このままで、はたして今年の確定申告相談会はどうなるのでしょうか???

昨年中に簡易課税選択届けを提出していなければ、簡易課税制度を使用して簡単・EASYに申告・納税することはできませんし・・・・。

 相談会場で、いきなり本則課税の消費税申告書やらを出され、「集計とかしてないけど、消費税だけ教えてください!!」とやってしまう方が、たくさん出てくるのでは。。
 
 フタをあけてみないと解りませんが、果たしてどうなるのでしょうか????


 そんな気を揉んでいる中、外は青梅は「だるま市」でした。
市の方針(?)で、最近よく見られるような、いわゆる「テキヤ」さんを排除していないため、最近ではもう「昔のこと」のようになってしまった、露天もたくさん出ておりそれなりに楽しめました。

ただ、しかし・・・・露天のバーナなどの「火」をPM6:30には落とさねばならないとか、PM7:00には撤収せよ!!などの放送がなされ、非常にせわしないものでありました。

なんでも昨今、あまり遅くまでやっていると、近隣に住んでいる方からのクレームが入るため早く終了させている、とのことであります。私なんぞは、せっかく昔からある街の文化なのにねぇーーーと思う次第でありますが・・・・。

2006年1月11日 (水)

#2会社を作っても節税できなくなりました

人気blogランキングへクリックお願いします!!

昨日は、関係民間団体の賀詞交換会があり、その後も税理士会の正副支部長で新年会(?)をやり、夜遅くまで飲んだくれていたため更新できませんでした。m(_ _)m
この席には青梅税務署の署長さんをはじめとする幹部の方々、地元企業の社長さん、宅建業界の方々、青色申告会幹部の方々などなど、地域経済をリードしているたくさんの方々が集まっておりました。
 またこの集まりにも、着実に二代目の波が来ているようで、とある地元の大企業の社長さんとお話させていただいているときにも「大分顔ぶれが変わってきたねぇ・・・・。」などと仰っていました。
 確かにこの会においても、法人会青年部でご一緒させていただいております仲間の輪が、次第に大きくなっているようでもあります。

 さて、この席でも何かと話題になりましたのは、以前UPしました「同族会社のオーナーに支給する報酬の給与所得控除相当分の損金不参入」の問題でありました。詳しくは1月8日の「会社をつくるメリットがなくなりました・・・・」を見ていただきたいと思います。

 さて、もしこれが可決されてしまった場合(残念ながら恐らくそうでありましょうが・・・・)どうすればよいか? いくつかの対策をあげてみたいと思います。

①発行済みの株式総数の10%超を、非同族の株主が保有する
 この規定の「業務を主宰する役員及びその同属関係者が発行済み株式の総数の90%以上の数の株式を保有」という要件に該当しなくなるため、対象外となります。しかし一般的に、同族関係者以外が株主に加わることへの抵抗感が強いので、実行 は難しいと思われます。

②同属の従業員への給与を増額する
 この規定の対象とされるのは「業務を主宰する役員に対して支給する給与」とされておりますので、同属の従業員の給与を損金不参入となる分、増額し調整する。
 しかし勤務実態に伴わない親族への給与につきましては、税務調査で必ずといっていいほど問題になりますし(一番狙われる、また狙いやすいところです!!)、経営に関与している役員であれば「みなし役員」とされてしまう可能性も大です。

 こう書いていると、ますます良い対応策が無い様に感じられるのですが・・・・。
しかし、いずれにせよ対応・対策は、法案成立後の政省令等の公表をまった上で慎重に行っていただけたらと思います。

2006年1月 9日 (月)

成人の日。。

 人気blogランキングへクリックお願いします。m(_ _)m

本日は、成人の日。朝からワイドショーでは、成人とは名ばかりの
「20歳のやんちゃ坊主」たちを大々的に報道していました。。この国の未来iは、大丈夫なのか??・・・・しかし、あのヤンチャぶりを外側から冷ややかに見ている沢山の目の数のほうが、圧倒的に多いのでしょうから、まあ大丈夫。 と同時に、この報道のやり方って???と思った次第であります。

 こんな3連休の中、私は毎日仕事にいそしんでおりました。加えて本日は譲渡やら自社株の贈与やら、住宅所得資金の贈与やらの相談に、福生市のお客様、あきる野市のお客様が午前・午後と来社されたのでした。

 そんな合間に年末調整の事務をこなし、そうにかこうにか一通り終了かな?・・・とほっとしているところであります。
 
 本年の年末調整、大きな変化と言えば「老年者控除」がなくなった点であります。これは納税者本人が年齢65歳以上で、合計所得金額1,000万円以下であると、所得控除として50万円ひけたものであります。
このため社長さんと従業員である奥様、ともに65歳以上でありますと50万円ずつ、2人で100万円の所得控除ができたのですが本年から控除できなくなったため、「今年は(納税額が)多いねぇ~」と、何人かから聞かれました。そのたびに「いや~スミマセンねぇ、今年から老年者控除がなくなってしまったんですよ。」、「いや先生のせいじゃないから・・・・」、こんなやり取りを何回したことか。。

本年度、これから確定申告をされる方は、本年度から老年者控除がなくなっておりますので、お気をつけください!!

そんな中、今月27日と30日に年金受給者の方のための確定申告書作成講座の講師なんぞを頼まれてしまいました。
 税理士会青梅支部指導所担当のN先生から、「みんな忙しい、忙しいと逃げられたから頼むよ~~」と泣きを入れられ、「まったく皆、寝る暇と休日はしっかりととってるんだろうが~~!!」、と思いながらも、「しょうがないですね・・・・」と受諾しました。

 引き受けた以上、わかりやすくためになる、最高のパフォーマンスを演じてやろう!!、と心に誓ったのでした。

 お近くの方で、もしこのブログをご覧になられている方がいらっしゃいましたら、ぜひ「ナマ山崎定利」を見に来てやってください!!

 1月27日 あきる野中央公民館 本館3F AM10:00~ PM13:30~
 1月30日 青梅福祉センター 集会室  AM10:00~ PM13:30~

   ともに午前・午後の2ステージ(?)となっております。
 宜しくお願いいたします!! 


2006年1月 8日 (日)

会社をつくるメリットがなくなりました・・・・

人気blogランキングへクリックお願いします!!

 もうすでに自民党の平成18年度税制改正大綱が平成17年12月15日に明らかになっております。
この内容につきましては私も旧年中から、「おかしい!!」と感じていたのですが、年明け特に動きがないようですのでUPさせていただきます」。

 まず所得税率ですが、簡素化という租税の方向性に逆行でしょうか、それとも国際的という言葉が嫌いなのでしょうか?これまでの4段階に簡素化された税率が、6段階へと変更されています。きっと「公平」「平等」のキーワードを振り撒きながら行われるのでしょうが、小手先だけの歳入確保だけが見えてしまうのは、私だけでしょうか??

これで日本は税制では、社会主義の国に一歩後戻りした気がするのですが・・・・。


そして大問題!! すでにあちらこちらで書かれている問題「同族会社の役員の給与所得控除相当額の金額は損金の額に参入しない。」と言う問題であります。

通常、会社をつくって節税しよう!!という場合は、給与所得控除を使いたいから、なのであります。個人事業者の場合、仮に2,000万円売り上げがあったら、これにかかった経費を差引いて課税所得となり(当然青色申告特別控除等はありますが・・・・)これに税率がかけられ、その額を納税となるのであります。しかし会社にして給与を取る、給与所得に該当する場合には、給与所得控除の表により給与所得控除後の金額をもとめ、これに税率をかけて税額を算出するのであります。

つまり個人事業主の方々は、売上げ△実際かかった経費に税率をかけ納税するのですが、給与所得の方は(社長さんを含めみな)給与所得控除をつかって、この控除後の金額に税率をかけて納税していたのでした。

ところが、今度の平成18年度税制改正大綱においては、ここに見直しがなされてしまいました。これにより「個人より会社のほうが有利!!」という方法のメリットがあまりなくなってしまいました。。。


以前、法人会等で講師をさせていただいたとき、

「社長があなたで、専務がおふくろ?、監査役がおばさん??・・・・・ふざけるな、個人じゃないか!!、と国は考えている節がありますから、この辺も将来狙われるでしょうね!!」


などとお話させていただいていたのですが、このようなかたちで、こんなに早くやってくるとは思いもよりませんでした。


この辺につきまして、関連団体(法人会・商工会その他)の動きが遅い、(というよりまったくない)のが気になるのは、私だけでしょうか?

2006年1月 6日 (金)

医療法人設立 続編

久しぶりの連日のUPであります。本年は気合の入り方が違う!!、と感じていただけら・・・・などと(少々)思う今日この頃であります。


人気blogランキングへクリックお願いします。


さて、昨夜21時すぎ、東京都の医療法人設立申請、担当者Y氏からfaxが入っておりました。(都の公務員の方がこんなに遅くまで働いていらっしゃるとは、頭の下がる思いです。)

用件は??と言うと、一箇所「3分の2」が「3分2」になっていたとのご指摘!!
なんでも、各担当者のokが出た後、多くの担当者ごとにお互いの資料を回し添削・指摘しあうとのこと・・・・。

(え’’っ、今更それは無いよ~~先日okしたぢゃない・・・・)

しまった・・・・・・・・


しかし、職権で訂正してもらえるとのこと!!  
 ラッキーーーーー!!

で、ことなきを得たのでした!!

これで、もうOKでしょう!!(たぶん・・・・)


これで枕を高くして(?)日々の実務にいそしめます!?

さて、まもなく確定申告の季節がやって来るのであります。

個人事業者の方々、住宅を建てた方・購入した方、多額の医療費を支払った方、副収入のある方は領収書を整理するなど、そろそろ確定申告の準備をスタートしなければならないかと思います。

また確定申告というと、収めるばかりではなく医療費控除・譲渡損失・配当控除などにより「還付」と言う場合も多くあるかと思います。

医療費控除については、住民税においても所得税同様に控除が認められているため、所得税で医療費控除を行えば、所得税のみならず、住民税も減少します。

しかし、配当所得や原稿料などついては、所得税こそ還付になるものの、逆に住民税は増える場合が多いため、このことを頭に入れていくことが必要です。

これは、配当などは既に所得税が源泉徴収されている上、配当については配当控除、原稿料については経費が認められるからであります。しかしながら、住民税については、源泉徴収という支払いを受けた時点でに納税を行う仕組みないために、源泉徴収前の所得がそのまま住民税の課税所得となるからであります。

現在、私の事務所内は年末調整・償却資産・各市町村への報告やら、合計表やら定型的業務でワサワサしている状況でありますが、次の波を踏まえて考えておく必要性を感じる今日この頃であります。

青梅マラソンに向けて・・・・。

人気blogランキングへの投票お願いします!!

 本日、年明け早々ですが青梅マラソンに向けてトレーニングを再開(?)しました。
と書くと、私はいかにもアスリートの様ですが、決してそのようなことはございません・・・・。普段は、走るのキライ、運動メンドクサイという極めて正常な(?)私であります。正直言って、お正月気分が今


 事の発端は、私が所属している青梅法人会 青年部での一言でした。

私は本年度、研修委員会と言うところに配属されているのですが、その委員会時、
「やはりこれからの我々経営者は、まさに心技体すべてが強くなくてはならないのではないか?それならストイックに自分と戦うと言う意味で、地元の行事である青梅マラソにエントリしたどうか!?」と一説ぶったのが発端とされています。(私が言い出しっぺ??)

 この結果、めでたく(?)、普段は芝生の上で、芝刈りしかしない若社長の面々に大量の動員がかかったのでした。。。
この青梅マラソン、40歳以上もしくは女性が10mにエントリでき、40歳未満は30Kmという設定になっているのであります。
 このためほとんどの会員は10Kmの部に出場なのです。が、しかし同じ委員会内に30代のメンバがいるI委員長は、「やつを走らせるために30Kmの部にでる!!」という男気を見せてくれたりと、一種異様な盛り上がり(?)を見せたのでした。


 ちなみにお正月に皆様から頂いた年賀状には、「10Kmは思いのほか遠いね!」(地元O社 O社長)とか「3Kmずつ毎日がんばってます。」など、練習を開始しているメッセージが・・・・・。

 そこで、これはやばい!!と本日から走り始めたのであります。

 しかし、久しぶりに走るとナカナカ辛い・・・・。とりあえず7Kmばかり走りましたが、正直足がついていかない!マズイ!!

 実は、今を去ること12年前、30Kmの部に2年連続で出場に、2回とも完走しているのでした。(3回目は豪雪で中止になりました)そのときは、出場の1年前「よし、来年は30歳になるから出るぞ!!」と思い立ち、1年間かけて調整したのでした。おかげで何とか時間内に完走できたのでした。

 この青梅マラソン、市民マラソンといいながら、途中4・5箇所ほど関門があり、そこを規定時間内に通過しないとタイムアウトとなってしますのです。ですから「お祭りなのだから、最後まで走らせてあげればいいのに!!」と、知っている方からは、よく批判の声が聞かれるのであります。まあ道路の使用許可などの関係でしょうがないとは思いますが・・・・。(陸●サンが幅を利かせている割には、来年、▲原マラソンにやられてしまいますが・・・・)

 話が横道にそれましたが、とりあえず残すところ1ヶ月強、がんばりたいと思います。

2006年1月 5日 (木)

あけましておめでとうございます。。

  あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします!!(って、もう5日ぢゃないですか!!ただ、本日が仕事始めだと言うことでご勘弁を・・・・)

  「景気の方もようやく上向き」との報道される中、われわれ中小企業までは、なかなかまだ景気の波が届いてこない、というのが現状ではないかと思われます。
 が、しかしこのページを見に来ていただいております皆様には、、上手く上昇の波に乗っていただけたら!!などと思っておる次第であります。本年も宜しくお願いいたします。

人気blogランキングへのクリックお願いします。。

 さて、これから我々税理士業界も、年末調整・償却資産税そして確定申告へと、「超」がつく繁忙期へと突入いたしますが、この忙しさにめげず、こちらのブログも更新して行きたいと思っておりますので、宜しくお願いいたします。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

最近の写真